スエード革バックボールペンのインク染み抜き

何かにサインをしたり、ちょっとしたメモを取る時でもボールペンを使うために常にバックや鞄にボールペンを入れて持ち歩く人は多いと思います。     

そんな必需品のボールペンですが、ついバックや鞄ににペンの先が触れてバックや鞄にボールペンのインクをつけてしまったことはありませんか?

スエード革バックボールペンのインクをつけてお困りの方は是非ご覧ください!

今回のシミみ抜き事例はザネラートスエードバックについたボールペンのインク
シミみ抜き紹介になります。  

写真をご覧頂ければ分かりますが、スエードバックボールペンのインクが線に
なっ てついています。
見た感じではボールペンのインクが細い線で少し付いているように見えますが、
スエ ード革の内部にインクが達している箇所もあります。

この状態で染み抜き剤をつけてしまうとボールペンのインクが広がって更にスエ
ード 革
の内部にまで入り込んで落とせなくなります。            ソフトガミや天然ゴムなどを使ってボールペンのインクを落としていきますが、高級ブ ランドの上質なスエード革は非常にデリケートなのでスエード革に傷がつかないように細心 の注意が必要になります。


上記の作業で残ったインクは染み抜き剤で除去しますが、インクが広がらないようにこの作業も細心の注意が必要になります。


最後に染み抜き作業をした箇所と周りと違和感が出ないように染料で補色をして終了で す。


写真ではスエードの毛の流れの特徴で所々濃く見えてますが、実物は違和感なく
仕上がっています。

ボールペンのインク染み抜きは素材やインクの種類、付いた場所や量で難しい
染み抜きになります。
場合によってはボールペンのインクの種類や量によってはスエード革製品染み抜きが 難しい場合もあります。
そんな場合は、色修正ボールペンのインクを目立たなくする方法もあります。

スエード革バックについたボールペンのインクでお悩みの方は是非ご相談下さい。

革スエードジャケットボールペンインク染み抜き

スエードジャケットボールペンインク染み抜き

今回は、革スエードジャケットについたボールペンのインク染み抜き事例です。
つい油断してボールペンのインクを衣類につけてしまった経験がある方は意外と
多いと思います。
一般の衣類(シルクや特殊素材は別です)にインクがついた場合、いきなりインクのシミにインク染み抜き剤をつけて熱を加えたり超音波を使ってインクの染み抜きをしますが、革製品の場合は一般的な衣類とインク染み抜き法方は違います。
革スエードに付いたインクのタイプがゲルインキだったり時間の経過したインクや大量についたインクの場合は落すことが難しくなります。

ボーペンインク染み抜き作業前

革スエードジャケットボールペンインク染み抜きbefoer
上の写真だとインクの量が少しなので落とせるように見えますが染み抜き剤をつけるとインク染み抜き剤に溶け出して革の内部に入り込ながらインクが広がります。

ボーペンインク染み抜き作業前

革スエードジャケットボールペンインク染み抜きafter
革製品は染み抜き処理を誤るとインクのシミが広がり染み抜きだけでの復元が
不可能になる場合もあります。
特に革の内部に入り込んだインク染み抜きで落すことは困難です。
以前、他のクリーニング店でインクシミ抜き依頼し、クリーニングに出す前よりインクが大きく広がり革の内部に浸透してしまった革スエードシミ抜きをお願いされたことがありました。
インクシミ抜きでキレイに落とせれば良いのですが、残ってしまったインク革ジャケットの地色に合わせた色修正をして目立たなくする方法を取ります。
また範囲が広いと色修正しても復元が困難な場合もあります。
それには、長年の染み抜き経験色修正技術が必要になります。

ご依頼者は地元のクリーニング店に相談したそうですが、「スエード革ジャケットに付いたボールペンのインク落ちません。」と断られたそうです。
ネットを介して当店に辿りついたお客様からは染み抜き料金の他に送料等をご負担頂いるので「頼んで良かった」と思われるように何が何でもキレイにしてお依頼者に喜んで頂きたい、その一心で作業をしました。

ご依頼者からは「頼んで良かった」のお言葉を頂き染み抜き職人として安心しております。