ジャケット日焼け色直し

ジャケットの日焼けの色修正(色掛け)です。

 日焼けした衣類は通常クリーニング店に持って行っても「日焼けよる変色や退色は直せません」と断わられます。
それは、日焼けによる変色や退色は紫外線の影響を受け、科学的な変化を衣類の色に及ぼす現象で汚れやシミとは 違いクリーニングや染み抜きで直すことは出来ないからです。

衣類の日焼けの一番の原因は紫外線です。。
綿やウール、シルクなど繊維は要注意です。
色なら黒や紺、色鮮やか衣類程日焼けし易くなります。
クローゼットやラックに下げたままで服と服が挟まっている身頃部分は紫外線の影響が少なく日が当たる肩や袖など日焼けしてしまいます。

クリーニング店に出しても直らないジャケットの日焼け

日焼けしたジャケット

衣類の変色を色修正(色掛け)は特殊技術の職人技がです。

 日焼けはクリーニングや染み抜きでは直せませんので変色した箇所に色を入れるには色の知識と特殊な技術が必要で色掛けとも呼ばれてます。
日焼けの色修正は色の抜け方や広範囲だったり、写真のように日焼けした箇所と日焼けしていない箇所の境目がはっきりしている程色修正(色掛け)の難易度が上がります。

日焼けの色修正(色掛け)作業後のジャケットです。

日焼けジャケットの色修正(色掛け)作業後

 紫外線よる衣類の日焼けを避けるためにウォークインクローゼットかクローゼットに収納保管しましょう。
入りきれな衣類は布などで覆い光を遮断しましょう。(古い遮光カーテンなどがあればグットですね!)
日頃から衣類の日焼けチェックし、衣類を掛ける方向や位置を変えたりして日焼けの防止に心掛けることが大切です。

 汗ばむような天気の良い日に着用した色鮮やかな衣類は紫外線が汗と反応し変色が起きるので変色や退色の予防として汗抜きクリーニングをお勧めします。