ルイ・ヴィトン・ドーヴィルバックモノグラムバックの染み抜き

  久しぶりの投稿になります。
今回はルイ・ヴィトンの持ち手など使われているヌメ革のシミの相談です。

 大学の卒業祝いに親から買って貰ったヴィトンバックだそうです。
「貰った当時は若く、ヴィトンバックの価値を理解していないまま使っていましたが、
親から貰った記念のヴィトンバックを大事に長く使い続けたいのでキレイに欲しい
!」と言われました。
「商品名や年月がお手入れ方法など分からないので教えて欲しい」とヴィトンバック
の染み抜き料金以外色々と尋ねられました。
私にはヴィトンバックに詳しい知識が有りませんのでヌメ革の特徴やお手入れ方法
お伝えする程度のお話をさせて頂きました。

 ウン!「親から貰った者を大事に使う気持ち」良く分かります。
自分にも娘がいるのでもしこんなことは言われると親としては本当にうれしいことで
す。

              before                                                 after

          

      before                         after

             

      before                        after

             

染み抜き作業中の写真はありませんがbefore and afterを載せてみました。

 今回の料金は、丸洗いは無しで全体の汚れを革専用クリーナーで拭き取りヌメ革
部分を染み抜きした料金になります。

       ルイ・ヴィトン・ドーヴィルバックモノグラム

               染み抜き料金は¥6,480-

偶然にも私達夫婦の結婚10周年の記念に人気があった同じルイ・ヴィトンドーヴィ
ルバックをプレゼントしているので名前は直ぐに答えられました。

で、生産されているかについてはお客様でヴィトン愛好家のTさんに教えて頂き、現
在も名前を「ボーリング・ヴァニティ」に名前を変更して作られていると言うことなので
後日お伝えしました。

さすがTさん!

即答でした!

染み抜き職人の一言
長年この仕事をしていると色々なお客様と繋がりも出来て今回もヴィトン愛好家のTさんとメールではありましたが近況なども色々伝えあえた楽しい時間も作れました。

これも今回の依頼者のおかげですと感謝しております。