スエードバックボールペンの染み抜き

近くのクリーニング店に相談しても「ボールペンのインクは落ちない」と断れる場合が多いため、当店には「ボールペンのインクをつけてしまったので落として欲しい」と言うメールや電話での相談が意外と多く寄せられています。

今回は、スエードトートバックにボールペンのインクが付いてしまった事例の紹介です。

ボールペンのインクは衣類に付いても中々落ちにくい厄介な染み抜きです。
それが、革製品に付いた場合は更に落とせない染み抜きになります。

バックの色とインクの色が同系色だとそんなに目立ちませんが、写真のようにスエードバックがキレイな明るいエメラルドグリーンに黒のインクが付いたために目立ちます。
更に使用による汚れも気なります。

ボールペンのインク染み抜き作業前写真

 

インク除去剤をいきなりインクに使うと黒いインクが溶けて広がり、逆に酷く大変なことになります。(修復不能になります。)
なので、いきなりインク除去剤を使わずスタートはスプラッシュブラシやソフトガミなどでインクを出来るだけ落としてからのインク除去剤での染み抜き作業となります。

インクの薄い部分はスプラッシュブラシとソフトガミで殆ど分からなくなりまが、強く濃い箇所のインクをスプラッシュブラシで除去しようと擦り続けるとスエードがキズ付いて擦った痕が溝になってしまいます。

なので、スプラッシュやソフトガミの使用もスエードにキズが付かないように見極めが大切になります。

インク除去剤はインクが溶けて広がることを話しましたが、今回のバックはスプラッシュブラシとソフトガミでインクはかなりインクを除去できたので残ったインクの少量です。

最後に残ったインクは色修正することでキレイに復元出来ました。

ボールペンのインク染み抜き作業後の写真

 

これまで、ボールペンのインク染み抜きを説明してきましたが、使用による手の汚れなどもクリーニングでキレイに落としております。