スエードバックボールペンの染み抜き

 今日は、スエードトートバックにボールペンのインクが付いてしまった事例の紹介です。
スエードトートバックがキレイな明るいエメラルドグリーンなので使用による手の汚れも少し気なります。

 

  

             

 写真を見るとお分かりになりますがスエードバックにボールペンのインクが濃くついてしまってます。

衣類についたインクの除去に使う染み抜き剤を革製品に使うと黒いインクが溶けて広がり大変なことになります。
なので、いきなりインク除去剤を使わずスタートはスプラッシュブラシでインクを出来るだけ落としてからの染み抜きを選択しました。

予想通り、インクの薄い部分はスプラッシュブラシで殆ど分からなくなりました。
しかし、濃い部分はインクがスエードの奥に入り込んでいるので残ってしまいます。
そして、スプラッシュブラシの使用もスエードの毛羽立ちが取れて痕が出来ていたのでこの作業は終了です。
残念ですが、作業途中の写真がありません。
この状態でもかなりインクは目立たなくなっておりますが、最後は染み抜きで更にインクを落とし薄くします。
染み抜き剤でインクが広がることを話しましたが、スプラッシュブラシでインクがかなり落ちてますので残ったインクの量は少しです。

 

   

残ったインクを更に染み抜きで薄くしますし、最後は、残ったインクを補色で修正して作業は終了です。

これまで、ボールペンのインク染み抜きを説明してきましたが、使用による手の汚れなどもクリーニングでキレイに落としております。