レッドウィングクラッシックブーツモックトゥ染み抜きクリーニング

  本日は、レッドウィングの定番、クラッシックワークブーツモックトゥです。
履き込むほどに魅力と愛着が湧くブーツなので見ただけで履いている人のブーツ
へのこだわりが分かります。

  今回の依頼者のブーツはポツポツとバンプにシミが見えますが革の雰囲気も良
くて上手に履かれていていると方と分かります。
クリーニングが必要なほどブーツの汚れやシミはないと思うのですが、「濃い
茶色のシミが気になるのと今後シミが増える気がして一度クリーニングをして
欲しい」とのご要望です。

                         レッドウィングモックトゥ染み抜きクリーニングbefoer

   レッドウィングの定番、クラッシックワークブーツモックトゥです。

 

   レッドウィングのクリーニング相談の多くは長い間履かないで黒カビが出来て
しまったとか履き込んで随分汚れてしまった。
スエードブーツであれば左右の色の違いを色修正などが多い相談です。
汚れているブーツの場合は、当然ですが洗ってキレイに仕上がるのことは経験上
はっきり分かります。
ご依頼者のように普段から大事にキレイにして履かれているブーツの場合は、汚
れているブーツと同じ洗い方をすると逆にブーツにシミが出来る可能性があります。
お預かりした時の状態より悪くなってはクリーニングした意味がありません。
作業は常に緊張感を持って行っておりますが、買って間もない新しいレッドウィン
グや手入れをしてエイジングを楽しみながらキレイに長く履き込んでいるレッドウ
ィングの場合は特に仕上がるまで気が抜けない緊張した作業になります。
モックトゥ糸やウェルトステッチ糸の汚れをキレイに落とすのも私のクリーニング
のこだわりです。

                    レッドウィングモックトゥ染み抜きクリーニングafter

 レッドウィングの定番、クラッシックワークブーツモックトゥです。

 

   たくさんのレッドウィングを見てきましたが革質や汚れ方もそれぞれ違いにあっ
て同じ状態のブーツはありません。
お預かりしたブーツの状態を良く観察して最善の洗い方はどれかを考えながら常に
洗い方を変えています。

  ちなみに私はの場合は、経年変化を楽しむ余裕もなくガッツリ履き込んむしまうタ
イプです。

ハンティングワールドキャンパスレザーバックのクリーニング

ハンティングワールドキャンパスレザーコンビトートバックです。

ハンティングワールドと言ったらアウトドアユーザーや自然愛好家を連想させる
落ち着いたブランドイメージですね。
自然を愛し、レッドウィングを好んで履いているアウトドアカジュアル派の私に
とって是非とも持ちたいブランドの一つです。

        ハンティングワールドキャンパスレザークリーニング
ハンティングワールドバックのキャンパス地とレザーを見ると普段の使用による
全体的な汚れとロゴからの色移りや革部分の色の剥が見られます。

ハンティングワールドキャンパスレザークリーニング 

 
丸ロゴ革部分の色移りが気になるのでバックを検品、革部分を水に濡らしても革
から直ぐに色は出ないようです。
おそらく長時間濡れている状態でジワリジワリと時間を掛けて色がでたと仮説し
ました。
バックのクリーニングや染み抜きは水を使うので革部分から色が出ることは確実
で短時間勝負の作業をします。
キャンパス地の丸革ロゴからの色移りは基本、衣類の染み抜きと同じです。
最初に短時間で丸革ロゴからの色移りの染み抜きをします。
革から色が出るのでバックを溶剤に3分つけ込み汚れを超音波洗浄、移染処理を含
め10分で洗いを終了を目標にバック全体の汚れと丸革ロゴ部分からの色移りをク
リーニングと染み抜きのセットで行いました。

ハンティングワールドバック漬け込み洗い ハンティングワールドバックを超音波染み抜き洗浄
この作業で一番注意をしないといけない事は色止め加工です。
革からの色移りは、バックの乾燥中に起こるので色止め剤を使い短時間でしっかり
色を止めることです。
正直、色止めが弱くて乾燥工程で色が出てやり直ししたを苦い経験が何度もしてます。

乾燥後に革の色と同じ色に調合した顔料でバック角の色剥がれを色修正します。

キャンパス地は洗うと張りと艶も失われるので張りと艶を蘇れせる加工を施します。
最後にアイロンが革に当たらないように注意しながらキャンパス地にアイロンを当て
布を整えます。
仕上げに革に栄養を与えるクリーム塗り終了です。