レッドウィングスエード染み抜き色修正

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッドウィングスードの染み抜きと色修正を紹介致します。

今回の事例はシミの原因は茶色の色素で正体は不明です。

ヘアーサロン勤務とのことなのでヘアカラーの可能性もあり

ます。

おもにサロン室内で履かれているそうなのでトゥのシミ以外

に殆ど目立った汚れはありません。

befoer

松田RWスエード前1

殆どの場合、染み抜きでシミといっしょにブーツの色も落ちて

最後は染料で修正して仕上げますが、今回は焦げ茶色シミが染

み抜きをしても残ってしまいました。

(シミが残ったと言ってもブーツより少し濃いくらいです。)
残ったシミがブーツの色より少し濃いために染料だけで補色を

してもシミが隠れませんので顔料を多めにして色修正しみました。

after

松田RWスエード後1

そんなに違和感なく仕上がったと思います。
サロン内で履かれているようなのでこのままで大丈夫だと思い

ますが、一応、日頃のお手入れの際には防水をお勧めします。

ブーツが濡れないように心掛けて頂きたいのです。

ブーツが濡れると顔料がが見えてしまいますが、乾くと写真のよ

うに修正が分からなくなります。
レッドウィングのような革ブーツなど片方のブーツにシミや汚

れがあって片方を全体洗いする場合は両方をクリーニングします。

両方をクリーニングすることに関して時々尋ねられるのですが、

片方だけを洗うことによりブーツ左右にクリーニングしたことに

よる色や風合いの違いが出る可能性があるからです。

このこ事は衣類でもよく言われていることです。

スーツなども上下組の物は、上下別々にクリーニングをすること

で上と下に違和感が出ることがあります。

上下に違いが出ても衣類だとまたいっしょにクリーニングをすれ

ば元に戻りますが、革ブーツに関しては合わなくなる場合があり

ますのでクリーニングする場合はいっしょのクリーニングをすす

めています.

   
染み抜きとクリーニング後に色修正して仕上げたaftaer写真です。

殆どの場合、染み抜きでシミといっしょにブーツの色も落ちて最後

は染料で修正して仕上げますが、今回は焦げ茶色シミが染み抜きを

しても残ってしまいました。

(シミが残ったと言ってもブーツより少し濃いくらいです。)
残ったシミがブーツの色より少し濃いために染料だけで補色をして

もシミが隠れませんので顔料を多めにして色修正しみました。

そんなに違和感なく仕上がったと思います。
サロン内で履かれているようなのでこのままで大丈夫だと思いま

すが、一応、日頃のお手入れの際には防水をお勧めします。

ブーツが濡れないように心掛けて頂きたいのです。

ブーツが濡れると顔料がが見えてしまいますが、乾くと写真のように

修正が分からなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です