ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ジャケット日焼け色直し

ジャケット日焼け色直し

 今回は、依頼の多い衣類の日焼けの色修正を紹介します。
日焼けした衣類をクリーニング店に持って行っても「日焼けよる変色や退色は直せません」
と断わられます。
それは、日焼けによる変色や退色は紫外線の照射の影響を受け、科学的な変化を衣類の色に
及ぼす現象で汚れやシミとは違いクリーニングや染み抜きで直すことは出来ないからです。

 衣類の日焼けの一番の原因は紫外線です。
綿やウール、シルクなど繊維は要注意です。
色なら黒や紺、色が鮮やか色程日焼けし易くなります。
衣類は、繊維を染料の分子を科学的に結合させて染色していますが、紫外線によって科学的
に結合した染料分子は分解されて変色や退色を引き起こします。

 写真をご覧頂くと日焼けによる変色が左の肩から袖にあります。
クローゼットやラックに下げたまま服と服が挟まっている見頃の部分の色は大丈夫なんです
が紫外線が当たる肩や袖など端だけ日焼けしてしまいます。

      日焼け色修正befoer                                           日焼け色修正after
   ジャケット日焼け色直し  ジャケット日焼け色直し

 
 日焼けはクリーニングや染み抜きでは直せませんので変色した箇所に色を入れる方法にな
ります。
日焼けの色修正は色の抜け方や広範囲だったり、写真のように日焼けした箇所と日焼けして
いない箇所の境目がはっきりしている程色修正の難易度が上がります。

 蛍光灯も紫外線を発することをご存じですか?
ブティックのように衣類を部屋中にキレイにレイアウトしている人は衣類を日焼けさせる危
険があります。
紫外線よる衣類の日焼けを防止するには、ウォークインクローゼットかクローゼットに収納
保管しましょう。
入りきれな衣類は布などで覆い光を遮断しましょう。(古い遮光カーテンなどがあればグット
ですね!)
ウォークインクローゼットをお持ちの方も蛍光灯の赤外線には注意が必要です。
日頃から衣類の日焼けチェックし、衣類を掛ける方向や位置を変えたりして日焼けの防止に心
掛けることが大切です。

 汗ばむような天気の良い日に着用した色鮮やかな衣類は紫外線が汗と反応して変色が起き
るので変色や退色の予防として汗抜きクリーニングをお勧めします。

革スエードボールペンインク染み抜き

革スエードジャケットボールペンインク染み抜きbefoer

 スエードジャケットボールペンインク染み抜き

今回は、革スエードジャケットについたボールペンのインクの染み抜き事例です。
 つい油断してボールペンのインクを衣類につけてしまった経験がある方は意外と多
いと思います。
一般の衣類(シルクや特殊素材は別です)にインクがついた場合、いきなりインクの
シミにインク用染み抜き剤をつけて熱を加えたり超音波を使ってインクの染み抜きを
しますが、革製品の場合は一般的な衣類とインクの染み抜き法方は違います。
落せるタイプインクはシミ抜きでキレイに落とせますが、革スエードだったりインク
のタイプがゲルインキだったり時間の経過したインクや大量についたインクの場合は
落すことが難しくなります。 

        ボーペンインク染み抜き作業前

                  革スエードジャケットボールペンインク染み抜きbefoer
 上の写真だとインクの量が少しなので落とせるように見えますが染み抜き剤をつけ
るとインクが染み抜き剤に溶け出して革の内部に入り込ながらインクが広がります。

        ボーペンインク染み抜き作業前 

                 革スエードジャケットボールペンインク染み抜きafter
 革製品は染み抜き処理を誤るとインクのシミが広がり染み抜きだけでの復元が不可能
になる場合もあります。
特に革の内部に入り込んだインクは染み抜きで落すことは困難です。

 以前、他のクリーニング店でインクのシミ抜き依頼し、クリーニングに出す前よりイ
ンクが大きく広がり革の内部に浸透してしまった革スエードのシミ抜きをお願いされた
ことがありました。
そうなるとインクを染み抜きだけではキレイになりませんし、革ジャケットの地色によ
っては色修正が難しく、また範囲が広いと復元が困難になります。
インクをシミ抜きでキレイに落とせれば良いのですが、残ってしまったインクは色修正
をして目立たなくする方法を取ります。
それには、長年の染み抜き経験と色修正技術が必要になります。

 今回のご依頼者と私の住む秋田までの距離がおおよそ1,700㎞ありますので詳し
く聞いておりませんが他のクリーニング店へも相談したことと思います。
ネットを介して当店に辿りついたお客様の料金や送料等のご負担を考えると「頼んで良
かった」と思えるよう何が何でもキレイにしてお依頼者に届けたい、その一心で作業を
しました。
ご依頼者からは「頼んで良かった」のお言葉を頂き染み抜き職人として安心しております。

バーバリーコート黄変(カビ)シミ抜き

 今回はバーバリーコートの黄変(カビ)シミ抜き事例です。 

 お受けしたバーバリーコートはシーズンの終わりに毎回クリーニングに出してるそう
です。
こちらのバーバリーコートは黄色の点々としたシミや衿元の黄ばみが気になり、クリー
ニング店でシミ抜き依頼を断わられたり、シミ抜きを受けて頂いても落とせなかったシ
ミだそうです。
 これと同様のバーバリーコートのシミについての問い合わせは全国から寄せられます。

                               before                                                after

      バーバリーコート染み抜き作業前     バーバリーコート染み抜き作業後  
      バーバリーコート染み抜き作業前     バーバリーコート染み抜き作業後
      バーバリーコート染み抜き作業前    バーバリーコート染み抜き作業後 
      バーバリーコート染み抜き作業前    バーバリーコート染み抜き作業後
 
 バーバリートレンチコートは高価で生地も縫製もしっかりして形もあまり変わらない
ので一生モノと言われておりましす。
 トレンチコートですので寒い日は襟を立て、雨の日は濡れたり過酷な環境で使着用さ
れることが多いアイテムです。
シーズンが終われば殆どの人がクリーニングに出すと思われますが、着用中の汗や皮脂、
水溶性の汚れはドライクリーニングでは落しきれません。
ドライクリーニングで落しきれなかった襟元や袖口の汚れが黄色く変色させたり、保管中
の知らないうちに点々とした黄色のシミや黒カビが出来てしまうことあります。
一生モノと購入した高価なバーバリーコートでもシミや汚れがついていては気持ちが晴れ
ません。
毎シーズンキレイに着続ける為には、クリーニングに出すのはもちろんですが、雨や雪で
濡れた時の処置や保管の仕方、着る際はマフラーなどで直接肌と衿が触れないように汚さ
ない工夫も必要と思います。
 このようにクリーニングに出しても落ちなかったシミや汚れが出来てしまったバーバリ
ーコートでも復活させることが出来ます。
 キレイに落すことで高価なバーバリコートを一生着続けるためにお役に立ちたいと思っ
ております。

ワンピース脇の黄変(黄ジミ)染み抜き

ワンピース脇汗による黄変(黄ジミ)染み抜き事例

 夏物ノースリーブワンピース脇汗による黄変(黄ジミ)染み抜き!

 公園や野山にも色々な花が咲き始め、そろそろ夏物の衣類を着ている人を見かける良
い季節になりました。

 この季節、夏物の服を着ようとクローゼットから出して見ると脇に汗による(黄ジミ)
のシミになっているのに気付く方も多いと思います。
昨シーズン1度着た程度なのでクリーニングの必要無しと考えられた方や数年経って脇の
黄変(黄ジミ)気づく方、中には、クリーニング店からのタグが付いて袋に入ったままの
衣類に脇の黄変(黄ジミ)が出来ているケースもあります。

                汗の残留によって酸化して黄変(黄ジミ)なった写真です。

     ワンピース脇汗による黄変(黄ジミ)染み抜き事例    ワンピース脇汗による黄変(黄ジミ)染み抜き事例
    特殊染み抜きと水洗いでふくげんしております。
     ワンピース脇汗による黄変(黄ジミ)染み抜き事例    ワンピース脇汗による黄変(黄ジミ)染み抜き事例

 

 写真のワンピースも素材上水洗いが出来ませんのでクリーニングに出しても通常ドライ
クリーニングで処理されます。
ドライクリーニングは油(石油系溶剤)で洗うので油に溶けない汗などの水溶性の汚れは
残留してしまいます。
そして衣類に残った汗は酸化して時間の経過とともに黄変(黄ジミ)となって出て来ます。

 このように黄変(黄ジミ)してしまうとクリーニングだけでは元に戻すことは難しくな
ります。
衣類の素材によっては、高度な技術が必要な特殊染み抜きと復元加工が必要になる場合も
あります。

 直接肌に触れるブラウスやワンピースなどは、汗汚れを正しく処理しないと来シーズン、
脇の下や襟周りが黄変してしまうかもそれません。
こうなってしまわないためにも汗抜きクリーニングやダブルクリーニング(ドライクリー
ニング+水洗い)がお勧めです。

留袖カビ黄変染み抜き

 今回は、着物のシミの相談で最も多いカビによる黄変ジミの染み抜きの紹介です。

            留袖牡丹柄カビによる黄変         留袖牡丹柄のカビによる黄変     
     写真以外の留袖白い牡丹の絵柄全体に同じようにシミが出来ております。 

     何年も仕舞い込んでいた為に留袖にカビと黄変ジミができてしまってます。
原因としては、湿気によるもで何年も空気が通らない状態にしているとこのようになります。
年月の経過でシミの色が黄色から茶色くこなっていきます。
このシミの状態だと10~20年近くは経っていると思います。
今回、ご依頼を受けた留袖の場合は白い柄部分に多くシミが集中しています。
これは、柄を付ける顔料に含まれている樹脂胡糊に湿気を含むことでカビが発生すると言われております。
タンスの中の留袖が湿気と乾燥の繰り返しを何年も続けて結果、茶色シミになってしまったと思われます。

   留袖牡丹柄染み抜き後          留袖牡丹柄染み抜き後   

     私の場合、着物の染み抜きは、シミを一つずつ抜いていきます。
着物の色柄やシミの状態で使う溶剤や過水濃度や温度を狙ったシミに会わせて微妙に変えて行います。
裏地にもカビによる黄変がありますが、染み抜きでキレイの落としてます。

            留袖裏地黄変染み抜き前           留袖牡裏地黄変染み抜き        

 以前、「着物の染み抜きを自分でしたいので染み抜き方法を教えて下さい。」と電話で相談されたことが
あります。
相談者「失敗したら捨てるつもりです。染み抜きをしてもし、キレイになったらその着物を着たい。」

私は、「着物なので自分で染み抜きを考えるのやめた方が良いと思います。」とお伝えしました。

クリーニングに携わって染み抜きをしている人でも着物の染み抜きを出来る職人は本当に少なく限られた人
なのでご自分で染み抜きをされることに複雑な気持ちになりました。