ジャケット日焼け直し

お気に入りの服が日焼けして変色してしまった経験はございませんか?

最近、依頼の多い衣類の日焼けの色修正を紹介します。
日焼けした衣類をクリーニング店に持って行っても「日焼けよる変色や退色は直せません」
と断わられます。
それは、日焼けによる変色や退色は紫外線の照射の影響を受け、科学的な変化を衣類の色に
及ぼす現象で汚れやシミとは違いクリーニングや染み抜きで直すことは出来ないからです。
衣類の日焼けの一番の原因は紫外線です。
綿やウール、シルクなど繊維は要注意です。
色なら黒や紺、色が鮮やか色程日焼けし易くなります。
衣類は、繊維を染料の分子を科学的に結合させて染色していますが、紫外線によって科学的
に結合した染料分子は分解されて変色や退色を引き起こします。

                  革スエードジャケットボールペンインク染み抜きbefoer

写真をご覧頂くと日焼けによる変色が左の肩から袖にあります。
クローゼットやラックに下げたまま服と服が挟まっている見頃の部分の色は大丈夫なんです
が紫外線が当たる肩や袖など端だけ日焼けしてしまいます。
日焼けはクリーニングや染み抜きでは直せませんので変色した箇所に色を入れる方法になり
ます。
日焼けの色修正は色の抜け方や方範囲だったり、写真のように日焼けした箇所と日焼けして
いない箇所の境目がはっきりしている程色修正の難易度が上がります。
蛍光灯も紫外線を発することをご存じですか?
ブティックのように衣類を部屋中にキレイにレイアウトしている人は衣類を日焼けさせる危
険があります。
紫外線よる衣類の日焼けを防止するには、ウォークインクローゼットかクローゼットに収納
保管しましょう。
入りきれな衣類は布などで覆い光を遮断しましょう。(古い遮光カーテンなどがあればグット
ですね!)
ウォークインクローゼットをお持ちの方も蛍光灯の赤外線には注意が必要です。

日頃から衣類の日焼けチェックし、衣類の掛ける方向や位置を変えたりして日焼けの防止に

掛けることが大切です。

スエード革シューズについたロウの染み抜き

9月に入り空の青さや風、虫の音に何となく秋の気配が感じられる

ようになりました。

今回は、赤スエード革ドライビングシューズにロウがついてしまった

事例を紹介します。
シューズやドレスなどにロウが付いてしまう事故は披露宴などパー

ティーが殆どですが、今回は夏まつりのお祭り(提灯まつり)に出か

けた際に知らぬ間に付いてしまったそうです。

写真を見て頂けるとお分かりのようにロウが「Ferrari TOD`S」赤い

スエード革ドライビングシューズに染み込んで黒くシミになっていま

す。

荘司スエードシューズ前2 荘司スエードシューズ前1

今まで沢山のロウのシミ抜きをしてきましたが、これほどスエード革の

内部まで浸透してしまった事例は珍しいです。

お依頼人の話を聞くと「フェラーリトッズスエード靴に溢したロウにスチ

ームを当てた」と言うことでアイロンのスチームなのでしょうか?

ロウがスエード革に浸透してこんなに風に黒ジミになってしまったこと

に納得しました。

 

こでロウの染み抜き法を紹介しますと、付いたロウをドライヤーで温

ます。
温まって溶けたロウをティッシュペーパーやクッキングペーパーなどに吸い取る。
これをロウが無くなるまで何回も繰り返します。
これが、一般的なロウの染み抜き法になります。

正直なところ、今回の真赤なスエード革の染み抜き、しかも大量のロウ

は難しそう!

      荘司スエードシューズ後2

然にも8月に入ってすぐに同じような「真赤なドライビングスエードシュ

ーズにラーメンのスープを甲と爪先部分んなどに溢してしまった」依頼が

ありました。
染み抜きと同時にシューズの赤い色が出て染み抜きと補色に大変苦戦

した記憶が蘇りました。
紹介したロウの染み抜き法方を繰り返して出来る限りロウを吸い取り残

ったロウは油性染み抜き溶剤で洗い流しました。
油性染み抜き溶剤を使うとロウと一緒に赤い色も抜けて最終的に赤い

染料と顔料で補色して仕上げました。
ロウが黒く浸透していた部分が少し赤黒く見えますが、肉眼では殆ど気にな

らない位に復元出来ました。

      荘司スエードシューズ

ドライビングシューズと良く間違えられるシューズにデッキシューズがあります。
デッキシューズはヨットやボートなどの船の甲盤を歩くために作られたシューズ

で水に強く濡れても滑らないように工夫されています。
ドライビングシューズは、車の運転中にアクセルやブレーキを踏む足が滑らな

いようにシューズの底と踵にゴムが埋め込まれて長時間安定した運転をする

ために疲れないように工夫されています。

 

性能面では、デッキシューズは雨にも強くアウトドアにも適しています。
一方、ドライビングシューズは晴れて地面が乾いている日は最適です。
なので、ドライビングシューズは雨などに濡れないように履きましょう。

 

 

 

レッドウィングスエード染み抜き色修正

レッドウィングスードの染み抜きと色修正を紹介致します。

今回の事例はシミの原因は茶色の色素で正体は不明です。

ヘアーサロン勤務とのことなのでヘアカラーの可能性もあり

ます。

おもにサロン室内で履かれているそうなのでトゥのシミ以外

に殆ど目立った汚れはありません。

befoer

松田RWスエード前1

殆どの場合、染み抜きでシミといっしょにブーツの色も落ちて

最後は染料で修正して仕上げますが、今回は焦げ茶色シミが染

み抜きをしても残ってしまいました。

(シミが残ったと言ってもブーツより少し濃いくらいです。)
残ったシミがブーツの色より少し濃いために染料だけで補色を

してもシミが隠れませんので顔料を多めにして色修正しみました。

after

松田RWスエード後1

そんなに違和感なく仕上がったと思います。
サロン内で履かれているようなのでこのままで大丈夫だと思い

ますが、一応、日頃のお手入れの際には防水をお勧めします。

ブーツが濡れないように心掛けて頂きたいのです。

ブーツが濡れると顔料がが見えてしまいますが、乾くと写真のよ

うに修正が分からなくなります。
レッドウィングのような革ブーツなど片方のブーツにシミや汚

れがあって片方を全体洗いする場合は両方をクリーニングします。

両方をクリーニングすることに関して時々尋ねられるのですが、

片方だけを洗うことによりブーツ左右にクリーニングしたことに

よる色や風合いの違いが出る可能性があるからです。

このこ事は衣類でもよく言われていることです。

スーツなども上下組の物は、上下別々にクリーニングをすること

で上と下に違和感が出ることがあります。

上下に違いが出ても衣類だとまたいっしょにクリーニングをすれ

ば元に戻りますが、革ブーツに関しては合わなくなる場合があり

ますのでクリーニングする場合はいっしょのクリーニングをすす

めています.

   
染み抜きとクリーニング後に色修正して仕上げたaftaer写真です。

殆どの場合、染み抜きでシミといっしょにブーツの色も落ちて最後

は染料で修正して仕上げますが、今回は焦げ茶色シミが染み抜きを

しても残ってしまいました。

(シミが残ったと言ってもブーツより少し濃いくらいです。)
残ったシミがブーツの色より少し濃いために染料だけで補色をして

もシミが隠れませんので顔料を多めにして色修正しみました。

そんなに違和感なく仕上がったと思います。
サロン内で履かれているようなのでこのままで大丈夫だと思いま

すが、一応、日頃のお手入れの際には防水をお勧めします。

ブーツが濡れないように心掛けて頂きたいのです。

ブーツが濡れると顔料がが見えてしまいますが、乾くと写真のように

修正が分からなくなります。

革ボストンバック色修正(リメイク)

お気に入りで愛用しているも革バックも長年使用していると日差しや摩擦で色が

だんだん褪めてきます。

そのような使い込んだで色の褪めた革バックでもキレイに復活させることができます。

 

長年使用してきた思い入れのある革バックや革靴などは簡単に処分はできないものです。

ちなみに私もその一人です。

 

「キレイになるのであれば、壊れている部分が直るのであればまだまだ使いたい。」

そのような考えをお持ちの方は大勢いらっしゃると思います。

 

今回は、革製バックで内側はキレイでまだ使える、まだまだ使いたいのに表側の革の色

の褪めが気になっている方、又はクローゼットなどの奥に仕舞い込んで眠っている色褪せ

たバックをお持ちの方へ革バックの色修正(リメイク)をご紹介いたします。

 

革ボストンバック 色修正前
鈴又バック前1 鈴又バック前2

革ボストンバック 色修正後
鈴又バック後1  鈴又バック後2

画像は紫っぽく見えますが、ご依頼人の希望でネイビーブルーに色修正しております。

修正前の色は濃い茶色か濃いグレーか良く分かりません。

今回は、ネイビーの色の指定がありましたが、購入時と同じような色に修正もできます。

画像はありませんが、バック表面を見るとかなり使い込まれてしる感じですが、中は

大変キレイでしっかりした作りの良質のバックでした。

 

革ジャケットボールペンインク染み抜き

染み抜きの仕事の中でも比較的多く相談されるボールペンのインクの

染み抜きについて紹介します。

水に濡れても大丈夫な衣類についたインクに関しては、染み抜きの実演

を紹介したTV番組や染み抜き本や色々市販されている染み抜き剤もあ

るようです。

ですが、染み抜きをすることでインクのシミが大きく広がることがあります

のでくれぐれもご注意してください。

今回は、内ポケットに入れていたボールペンからインクが表に滲み出てし

まった革ジャケットです。

ボールペンのインクの染み抜きは、衣類いの染み抜きの中でも難しい部類

になります。

ボールペンのインクが革製品の場合は一般の衣類より非常に難しくなります。

before                                              after

酒井革ブレザーインク前1 酒井革ブレザー後1

革ジャケットについたインクをキレイするには、当然、染み抜きで出来る限

りインクを落します。

完全にインクが抜けている頃には革の色も抜けている場合が殆どなので染み

抜き後に周りの色と同じような色で補正します。

ご相談される前にご自分で処理されたために革の表面が傷になっていまし

た。

「自分で何とか!」お気持ちは分かりますが、染み抜き作業が困難になる

場合がありますのでそのままの状態でご相談された方が良いです。

革製品の染み抜きでキレイに復元する重要なポイントは色の補色になります。

革製品のシミや汚れをお悩みの方、お気軽にご相談ください。

ルイ・ヴィトンバック染み抜き!

人気の高級ブランドバックのルイ・ヴィトンアルマバックヌメ革部分の染み抜き事例の紹介です。

 ヌメ革についたシミに色を塗ってシミを消してしまう方法もありますが、私の場合は革本来の自然な

質感を大切にしていますので色でシミを隠すことはしません。

それは、ヌメ革本来の革質を損うと同時にルイ・ヴィトンの価値を無くすことと考えております。

多少のシミや汚れは人間もヴィトンバックや革ブーツも同じで大切な思い出と思ってます。ヌメ革に出

来たシミを衣類のように完全に落とすのは非常に難しいことです。

お客様からヴィトンヌメ革のシミ抜き相談の際は、「お断りをするか、染み抜きしても完全にキレイ

にはならず、写真のようにシミは薄く残ります。」とお答えしております。

ですが、あこがれのヴィトンバックにシミがついていまうのは大変ショックなことです。

お気軽にご相談ください。

ルイ・ヴィトンヌメ革染み抜き

ヴィトンアルマバックのヌメ革に出来たシミ

 

ヴィトンバックヌメ革染み抜き

ルイ・ヴィトンヌメ革輪ジミ染み抜き後

グッチボストンバックのペイント除去

ボストンバックに書いたオリジナルロゴの除去事例です。

バックの表面は凹凸でキレイに文字を描くのは難しいと思います。

田口グッチボストンバック前1

問題はバックの表面を傷めずに、この大量のペイントを如何に除去するかです。

数種類の溶剤の中から今回の除去に使う溶剤をバックの目立たない箇所で表面を

傷めないかのテスト とペイントの溶解テストなど除去作業に使用する溶剤を決め

るのに長く時間をかけております。

除去もペイントが溶けて広がらないように少しずつ除去していく慎重な作業になり

ました。  

田口グッチボストンバック後1

高価なブランド品の高いリスクを伴う作業となれば、当然、今回のようにテストに

時間をかけます。

バックを慎重に扱うのは当然ですが、ペイントをいかに慎重に扱うかが重要なポイント

です。

レッドウィング!オールドブーツの復活!

汚れた状態で10年ほど下駄箱の奥に仕舞い込んでいたレッドウィングなんですが、キレイになるのであれば

「もう 一度履きたい!」とのご相談を頂きました。

レッドウィングオールドブーツ4 レッドウィングオールドブーツ3

10年ほど前だと革のブーツはオイルを染み込ませてブラッシングかタオルで空拭きのお手入れで済ませるく

らいが 精々だったと思います。

今は、違います。

ご覧のようにレッドウィングを丸ごと水洗いすることで古い汚れや汗、オイルが落ちてスッキリ爽快!   レッドウィングオールドブーツ洗い3 レッドウィングオールドブーツ洗い2

レッドウィングを水に特殊溶剤を混ぜた水溶液を作り、レッドウィングを丸ごと洗い上げます。 同時に特殊

染み抜き剤 でシミや汚れも落とします。

レッドウィングオールド仕上がり2 レッドウィングオールド仕上がり3

十分にオゾン乾燥させた後、今回はレッドウィングオールナチゥラルレザードレッシングで仕上げてみました。

洗い上がりのレッドウィングの状態によってミンクオイルやカラーレスプレミアムディアマントなどを使い分

けて います。

いつもは洗う前と仕上げた後のbefore and aftor写真が多いのですが、今回は丸洗い後、仕上げる前の写真も

紹介 してみま した。

 

 

革ジャケットの染み抜きと色修正

シバタクリーニングの特殊革クリーニング

染料染めのシワ加工された柔らかい革ジャケットの背中部分に塗料のようなこげ茶のシミがあります。

こげ茶の部分は樹脂を塗ったように硬くなってシワ加工ものびしまっています。

豊田革ジャケット色修正前1

革製品の染み抜きや色修正の中でもアニリン染めの革製品は大変難しい部類になります。

今回の作業では有機溶剤で樹脂とこげ茶色の除去を試みました。

1回目の染み抜き作業で若干薄くなりましたので2回、3回とシミや周りの変化に注意しながら作業を

繰り返しました。

こげ茶のの色は薄くなりましたが、表面の硬さの変化はあまり感じられませんがこれ以上の染み抜き作業

は革を傷めてしまうので作戦を色修正に変更です。

豊田革ジャケット色修正後1

染料で染め上げた革製品は自然な染めムラが特徴で色修正では染めムラを出すのは大変難しい作業です。

写真の移り方で色が黄ぽく見えますが、肉眼では全体的に違和感なく色修正できていると思います。

樹脂により革の表面が硬くシワ加工がのびていますが、写真で見るより風合い的にも違和感がなく仕上が

っていると思います。

完全に落とせなかった革製品につたシミでも色修正で目立たなくすることが可能です。

革製品のシミや汚れでお悩みの方はお気軽にオ相談下さい。