衣類と染み 豆知識


ランドリーについて

Yシャツやシーツ(綿、ポリエステル製品の一部)など、水に対する耐久性のある衣類、寝具を洗剤、 アルカリ洗剤を使って洗濯機で温洗いする洗濯方法です。
温水で回転洗浄するため、洗濯の中でも最も洗浄力の強い洗い方法です。

ドライクリーニングについて

体から出る脂質や油性物質などの水にほとんど溶けない性質の汚れを溶かして洗い出します。 洗浄中の型崩れや縮みの心配が少ないため、ウール、シルク素材などデリケートな素材に適した洗浄方法です。
水溶性の汚れ(汗、食べこぼし、飲み物)など水を使わないと落ちない汚れはほとんど落ちません。

ウェットクリーニングについて

ドライマークの付いたデリケートな素材の衣類を水、又はぬるま湯に特殊溶剤を混ぜて衣類に出来るだけ型崩れや縮み、 風合いに変化が起きないように静かに洗うクリーニング方法です。
ドライクリーニングでは落ちない、水溶性の汚れ(汗、食べこぼし、飲み物)などを落とします。

染み抜きについて

染みは、油性水性不溶性の3つに別けられます。
まず、衣類の材質、染みが何によるものかを見極めます。
油性水性タンパク質(タンニン)色素中和クリーニング の順に染みを除去していきます。
様々な「染みに対して1つ1つ丁寧に職人」が処理方法を判断し、職人の手 で正確に処理していきます。
1つの衣類に染みが複合的に付着していることが多いので、 単一的なクリーニングや洗濯ではキレイに除去できないことが多いのです。



クリーニングと染み抜きの違い

クリーニング 衣類の材質に合わせてクリーニング方法を変えて洗浄をします。
染み抜き 薬品の化学反応を利用する為、汚れや染みが何によるものかを見極め、 衣類の材質に合わせて正確に処理をしなければいけません。

 「クリーニング」「染み抜き」の違いは、 作業内容、作業時間、汚れや染みの知識と経験が「染み抜き」には必要になります。
「クリーニング」は汚れが生地に乗っている状態の場合とチリやホコリを洗い流す程度 と考えていただきたいと思います。


ご安心ください ご相談・お見積り無料

当店は、成功報酬制のシミ抜きクリーニング店です。
オペレーターのマニアル的な対応ではありません。
豊富な染み抜き実績のプロが対応いたします。

洗濯やクリーニングしても落ちなかったシミや汚れ、仕事が忙しくてクリーニング店へ持って行けないお客様でも 宅配便で全国に対応しております。

お品物が依頼した時のシミの状態とまったく変わらず落ちない場合は料金はいただきません。 (仕上がり品の状態基準は、当店の判断の基準になります)